enterPAYment

Menu

 エイチ・アイ・エス、マーケットの拡大を見越して早い段階でビットコイン決済を導入

2018年4月6日8:05

旅行代理店大手のエイチ・アイ・エス(H.I.S.)は、2017年9月23日から、東京都内の店舗でビットコイン決済サービスの導入を行っている。

 

H.I.S.では、ビットコイン店頭決済の背景として、同社のコアターゲットである20代、30代の来店者への利便性向上と、30代、40代、50代の新規マーケットへの対応が期待できると考えた。まずは、ビットコイン決済についての問い合わせをもらっている店舗から導入することになった。また、ビットコイン決済の導入に合わせ、開始時には限定商品も販売した。

利用件数は非公表だが、「想定よりも上回る件数があります。利用者は日本人が多く、30代、40代の方が多いです」とH.I.S.では説明する。決済単価は、他の手段より少し高めで、ビジネスマンの利用が多いそうだ。また、取引件数は毎月同じような形で推移している。H.I.S.では、マーケットの拡大を見越して早い段階でビットコインの店頭決済を導入したが、利用者への認知は導入時よりも高まっている印象があるそうだ。

カード決済&セキュリティの強化書2018