enterPAYment

Menu

ウエルシアHDがモバイルバーコード決済4種を1,800店舗に一斉導入(インコム・ジャパン)

2018年11月27日14:03

インコム・ジャパンは、ウエルシアホールディングス(ウエルシアHD)との間で、モバイルバーコード決済に関する加盟店契約を締結し、2018年11月27日よりウエルシアHDのほぼ全店全POSレジ端末で取扱いを開始すると発表した。

ウエルシアHDは、インコム・ジャパンが提供する決済プラットフォームを利用することで、ウエルシア・ハックドラッグ・ダックス・BBON・ハッピードラッグ・マルエドラッグのほぼ全店、約1,800店のPOSレジで一斉に4種類のモバイルバーコード決済(WeChat Pay、LINE Pay、d払い、Alipay)を導入する。

インコム・ジャパンが提供する決済プラットフォームは、決済事業者が異なっても同一のシステム仕様にて決済サービスを提供可能だ。また、電文を管理するためのツール、コールセンターなどを共通で利用できる。そのほか、加盟店は複数のモバイルバーコード決済を同時に導入・一括管理・統一オペレーションを実現できるだけでなく、新しいモバイルバーコード決済を追加することができる。さらに、今回、インコム・ジャパンは決済サービスを自動的に振り分ける機能を開発したため、加盟店は決済サービスをPOSレジで選択することなく、ユーザーが提示したバーコードをPOSレジで読み取るだけで決済が完了するそうだ。

インコム・ジャパン株式会社

〒163-0610
東京都新宿区西新宿1-25-1
新宿センタービル41F

米国アトランタに本社を置く世界最大手のPOSAカード流通事業者の日本法人です。POSAカードの特許技術を複数有しており、国内の総取扱店舗数は約65,000店舗、コンビニエンスストアやドラッグストア、家電量販店、スーパー、ディスカウントストア等、いずれも国内屈指の大手小売企業のPOSレジシステムと接続することでPOSA事業を展開しています。2017年1月に、POSA事業の技術とシステム資産を活用し、POSレジでのモバイル決済のアクワイアリング事業に参入しました。「WeChat Pay」「LINE Pay」「d払い」「Alipay」のモバイルバーコード決済を取り扱っています。今後、更なるラインナップを加盟店に提供していく計画となっており、国内外の多くの決済事業者と調整しております。