enterPAYment

Menu

インヴァスト証券、投資専用ポイントを付与するクレジットカード「インヴァストカード」投資意欲はあるが知識や資金に不安のある若年層や女性から支持

2018年4月5日8:00

インヴァスト証券はジャックスとの提携により、投資専用のポイントを付与するクレジットカード「インヴァストカード」を発行している。ポイントを自動的にキャッシュバックし、自動積み立て投資サービス「マネーハッチ」により運用する。投資に興味はあってもなかなか行動に踏み切れなかった20代や女性層の支持を得て、新規ユーザーの取り込みに成功している。

ポイントを自動で現金化、自動で投資、運用
投資先としてETFを4種類ラインナップ

インヴァスト証券では2017年7月から、ジャックスとの提携により、「インヴァストカード」を発行している。ショッピング利用額100円に付き1ポイントを還元。これが毎月、1ポイント=1円としてインヴァスト証券の取引口座にキャッシュバックされ、投資資金に振り替えられる。インヴァスト証券 マーケティング部 河田泰治氏は、「ほかには類を見ない、投資専用ポイントが付与されるクレジットカードとなっています」と説明する。

投資専用のポイントを付与するクレジットカード「インヴァストカード」

日々の生活と投資を結び付けるサービスを提供したいというインヴァスト証券の構想と、ポイント還元だけではないユニークな魅力を備えたクレジットカードを作りたいというジャックスの思いが、このカードに集結した。

投資先として、リスクが低いと言われるETF(上場投資信託)を4種類ラインナップ。運用手法には、同社が提供する自動積み立て投資サービス「マネーハッチ」を用いる。0.1口からの少額投資が可能で、ポイントの積立金額が買い付け可能額に達すると自動的に投資し、自動売買により運用する。ちなみに、これまでの「マネーハッチ」の運用実績は良好だ。

「キャッシュバックから運用まで、すべて“自動”にこだわりました。従来のクレジットカードのような、ポイント交換の手間や、失効の心配もありません」(河田氏)

クレジットカードの月間利用額の平均ボリュームゾーンは、約6万円と言われている。1%の還元率の場合、月に600ポイントが貯まる。一方、世界株対象のETF、0.1口は現在、約800円。ほぼ2カ月で運用を開始できる計算だ。

「クレジットカードを利用するだけで、元手資金ゼロから資産形成を始められ、運用の楽しさも体感できます。投資の入り口として最適です」(河田氏)

投資意欲の高い若年層、女性ユーザーが多い
利用者の4割は主体的に銘柄を変更

同社では、既存ユーザーに対してはeメールやWebサイトで、新規ユーザーに向けては主に新聞や雑誌の取材記事、および、金融関連の雑誌・インターネットメディアに出稿する記事広告を通して「インヴァストカード」の認知拡大を図っている。

同社はもともとFX(外国為替証拠金取引)を主力商品としており、既存ユーザーの9割は男性、年代別では30~40代が7割を占めていた。

一方、「インヴァストカード」会員を含む「マネーハッチ」の新規利用者では、20代男性が3割を占め、男女比は8対2。40%が投資未経験者だ。20代男性や女性の新たな取り込みに成功しているわけだが、河田氏は、「周知が進めばこれらの層はもっと広がるはずです」とさらなる新規ユーザー獲得に意欲を見せる。

「マネーハッチ」では、投資先の4種類のETFのうち、まず、最も安定的と言われている世界株を対象としたETFを自動的に買い付ける設定になっている。「インヴァストカード」会員の6割はその初期設定のまま据え置いているが、4割は日経連動型やレバレッジ型など主体的に銘柄を変えている。「インヴァストカード」のポイントにプラスして、口座に入金する会員も予想以上に多く、同社にとっては嬉しい誤算だったという。

マネーハッチ画面イメージ

また、これまでFXに投資してきた既存ユーザーの中にも、「インヴァストカード」会員になり、並行して「マネーハッチ」で積み立て投資を始めるケースが少なくない。証券口座は残してあるが取引を休止していた休眠ユーザーが、「インヴァストカード」をきっかけに取引を再開するケースも多い。新規拡大、追加投資獲得の両面で、「インヴァストカード」は好調に成果を上げているようだ。

証券口座を開設した会員は投資意欲が旺盛
ポイントや投資先を増やし、魅力を高める

「インヴァストカード」会員になるためには、証券口座の開設が必須。これが入会のハードルになっているが、逆にこのハードルを越えた会員は投資意欲が旺盛。「インヴァストカード」の平均利用金額は高く、多くの会員がメインカードとして使っていると見られる。

河田氏は、「さまざまな金融サービスが登場する中で、新しいものに投資したいニーズが高まっています。今後はポイントや投資先を増やすなど、提携先を増やして、サービスの魅力をより高め、多様なニーズに応えていきたいと考えています」と語り、笑顔を見せた。

カード決済&セキュリティの強化書2018