enterPAYment

Menu

インドのモバイル決済50億円調達(NCB Library)

2019年9月6日9:00

インドではモバイルQRコード決済が乱立している。ペイティーエム、フォンぺ、アマゾンペイ、ビーム、グーグルペイ、ハイク、ワッツアップペイ、ビームなどなど。

 

これらは独自のQRコードを配布しているため、店頭はQRコードだらけになっている。それを解消しようというのがバーラトペ(BharatPe)である。ひとつのQRコードで複数の決済を取り扱えるようにした。

 

そのバーラトペは、シリーズBラウンドで5,000万ドルを調達した。バーラトペの総調達額は6,500万ドル。

 

リードしたのはリビットキャピタルや、ステッドビューキャピタル。セコイアキャピタルやビーネクストキャピタル、インサイトパートナーズなど既存の投資家も参画した。錚々たる面々が投資している。

この記事の著者

NCB Lab.代表 佐藤元則

「NCB Library」のリアルタイム更新はこちら
※本記事はNCB Lab.代表 佐藤元則氏の「NCB Library」原稿をご紹介しています

インドのモバイル決済50億円調達(NCB Library)

2019年9月6日9:00

インドではモバイルQRコード決済が乱立している。ペイティーエム、フォンぺ、アマゾンペイ、ビーム、グーグルペイ、ハイク、ワッツアップペイ、ビームなどなど。

 

これらは独自のQRコードを配布しているため、店頭はQRコードだらけになっている。それを解消しようというのがバーラトペ(BharatPe)である。ひとつのQRコードで複数の決済を取り扱えるようにした。

 

そのバーラトペは、シリーズBラウンドで5,000万ドルを調達した。バーラトペの総調達額は6,500万ドル。

 

リードしたのはリビットキャピタルや、ステッドビューキャピタル。セコイアキャピタルやビーネクストキャピタル、インサイトパートナーズなど既存の投資家も参画した。錚々たる面々が投資している。

この記事の著者

NCB Lab.代表 佐藤元則

「NCB Library」のリアルタイム更新はこちら
※本記事はNCB Lab.代表 佐藤元則氏の「NCB Library」原稿をご紹介しています