enterPAYment

Menu

「temite」を提供するCreation City Labと資本業務提携を締結(NIPPON Platform)

2019年6月4日18:40

NIPPON Platform(ニッポンプラットフォーム)は、価値提供プラットフォームアプリ「temite(テミテ)」を提供するCreation City Labと2019年5月末日、資本業務提携を締結したと発表した。

新サービスの導入には、 端末操作やサービス内容の習得が必要なケースが多いが、temiteのアプリユーザーは一般利用客と同じように来店・会計をするため、企業側は通常のオペレーションで対応するだけだという。また、登録料・掲載料・管理料等がなく、基本的に実績ベースによる支払いとなる(NIPPON Platform)

具体的には、①ニッポンプラットフォームがCreation City Labに対し3000万円の出資、②Creation City Lab がtemiteサービスをニッポンプラットフォームの加盟店に提供、③ニッポンプラットフォームの加盟店は、ニッポンプラットフォームが独自開発したニッポンタブレット上で利用、となる。

なお、「temite(テミテ)」は、集客や宣伝広告を効率良く、低コストで実施したい企業に向けて開発したアプリサービスであるという。アプリユーザーは、アプリ内の商品やサービスを店舗に行き、サービスの提供を受けて(体験して)会計を済ませる。その後、SNSに体験内容をレポートとして投稿(画像・テキストなど)。同レポートがtemiteのルールや規定に沿っていれば、対価として報酬を獲得することが可能だ。

ニッポンプラットフォームがおみせ活性化ソリューションを提供する中で、 おみせによる集客・マーケティングは重要な機能となるが、今回の提携により提供可能となったtemiteのサービスをおみせが自ら活用することにより、効率的に売上を伸ばす事が期待できるとしている。またスマホやPCを持っていないおみせもニッポンタブレットがあれば、タブレット上で集客・マーケティング活動ができることから両者の強みを活かした提携となっているそうだ。