enterPAYment

Menu

「PR」単品・定期通販№1のテモナがUI・UXを向上させた「たまごリピートNext」をリリース 通販のスタートアップ、売上拡大に必須のシステムとノウハウを提供

2018年9月19日8:00

発売以来8年連続シェアNO.1、導入実績1,000社以上の単品通販・定期通販ショッピングカートシステム「たまごリピート」が、UI・UXを大幅に向上させ、「たまごリピートNext」としてリニューアル。2018年4月にリリースの運びとなった。ユーザーの要望に応え、動作速度の向上や外部システムとのAPI連携を実現。さらに、複雑なポイント会計やクーポン管理などにも対応。スタートアップ企業のみならず、年商10億円を超える企業のニーズにも十分応えられる機能を装備した。加えて、万全のサポート体制で、通販企業の売上アップを支援していく。(提供 テモナ株式会社)

シェアNO.1のショッピングカートシステム
リニューアルにより大手企業まで対応可能に

「たまごリピートNext」は、「たまごリピート」の従来の機能をより使いやすく改善すると同時に、新たに高度な機能を追加。これまで通り、通販のスタートアップ企業を主なターゲットとしているとはいえ、年商10億円を超える企業、株式上場を目指す企業にも十分対応可能なシステムとなった。

テモナ 事業推進グループ 執行役員CMO 青栁陽介氏

テモナは、「世の中のフロービジネスのすべてを、ストックビジネスへ。」をスローガンに、化粧品や健康食品をはじめとするリピート通販に特化し、ユーザーの安定的な経営を支援する姿勢を貫いてきた。実際、「たまごリピート」導入企業の年商は、平均で年間132%向上。中にはゼロからスタートして、2年で年商2億5,000万円を達成している企業もある。事業が急成長した結果、システムに求められる要件も変化し、ユーザーからさまざまな要望が聞かれるようになった。「たまごリピートNext」は、このようなユーザーの声に応えて開発されたものだ。

「たまごリピートNext」の開発に当たっては、まず、システムの使いやすさ・わかりやすさを向上。大量のデータ処理も短時間で行えるよう、動作速度を向上。メンテナンス対応の速度も向上させ、継続的に無償でバージョンアップを実施する。

また、APIによるシステム連携が可能になり、ユーザーは大きなシステム開発コストをかけることなく、外部システムと連携できるようになった。「通販会社にとって一番大きいのは、物流です。物流会社のシステムとのAPI連携によって、わざわざ自社でデータを整え直す必要なく、受けた注文データが自動的に物流会社に送られるようになり、大幅に生産性が向上します」と、テモナ 事業推進グループ 執行役員CMO 青栁陽介氏は説明する。

受注、マーケティング、フルフィルメントは「たまごリピートNext」で行い、足りない部分はAPI連携で外部の機能を活用する。ショッピングカートシステムでありながら、「たまごリピートNext」の守備範囲は、通販業務すべてに及んでいる。

なお、「たまごペイメント」では、インターネット経由と電話経由での注文受注で利用者がクレジットカード決済を選択する際に、決済代行事業者のゼウスとGMOペイメントゲートウェイが提供するクレジット決済機能と自動的に連携し、クレジットカード決済を自動化することを可能とする機能を提供している。また、後払いやコンビニ払いの利用も可能だ。

「たまごリピートNext」の機能

選ばれている理由の1つは充実のサポート体制
ユーザー同士が学び合える場を無償で提供

システムそのものの品質に加えて、「たまごリピートNext」が多くのユーザーに選ばれている理由の1つに、充実したサポート体制がある。「せっかくのシステムも、使いこなしていただかなければ意味がありません。成果を出してもらうためにサポートには非常に力を入れており、これがわれわれの一番の強みになっています」と青栁氏は胸を張る。サポートメニューは、ユーザー、未契約者のいずれが対象であっても、すべて無料で提供されている。

入電対応率94%を誇るコールセンターで、電話・メールによる相談・問い合わせに応じているのは、「たまごリピートNext」のみならず通販全般の知識を身につけた15名の「たまごコンシェル」。単にユーザーの質問に答えを返すだけでなく、本質的な課題を見抜き、最良の解決策を提供することを使命としている。

また、通販エキスパート、WEB解析士、ネットショップ実務士などの資格を持つスタッフが、通販事業に関する勉強会を、東京、大阪、福岡、札幌など日本全国で実施している。例えば、通販開始を間近に控えたユーザーが対象の「1dayたまご塾」では、オープンまでに済ませなければならない諸業務を確認。食品通販に携わる未契約者が対象の「食品塾」では、プロのコンサルタントを招いて、事業を成功に導くためのポイントを解説。通販初心者が対象の「テモナアカデミー」では、商品開発や資金繰りのヒントなどを伝授している。

また、一定の売上規模を獲得しているユーザー向けには、ユーザー同士が課題、解決策を出し合う「テモナワークショップ」を開催。実はユーザーの中でも最も目覚ましい業績を上げているのは、このワークショップの参加メンバーたちだ。東京、大阪、福岡で各4回のコースを開催しているが、実務に直結する最新情報が得られると大好評で、メンバーの希望によって会期を延長している地域もある。

テモナではパートナーと連携して、通販のノウハウ、集客などに関するセミナーを定期的に開催。「たまごリピート」導入企業、通販企業など、毎回、多くの企業が参加している

幅広い知見に基づきあらゆる売り方に対応
利用料金は月額固定で4万9,800円から

「たまごリピートNext」の大きな特徴の1つとして、標準でオフラインに対応していることが挙げられる。ECだけでなく、電話受注にも対応できるのだ。直感的な操作を重視した優れた画面設計のため、テレコミュニケーターに高度なスキルを要求することなく、スムーズな運用が可能。「オンラインのショッピングカートシステムとしてではなく、電話受注専用のシステムとしてコールセンターに導入されているケースもあるぐらいです」(青栁氏)。

また、何より心強いのは、豊富な通販の知見に基づいたシステム設計がなされていることだ。単品通販であれば1ステップ、2ステップ、フロントエンドからバックエンドへの誘導など。食品であればシーンごと、金額ごとなどのコース設定、さらにはバラで、セットで、よりどりなど多彩な買い方に対応。頒布会では月コース、回数コースに対応し、コース間のスイッチがあっても商品軸、顧客軸のそれぞれにデータを集計できる仕組みを備えている。

問い合わせフォームや顧客カルテには写真などのファイルを添付することができるので、速やかに正確な情報を把握・共有し、迅速な対応につなげることができる。顧客セグメントごとのキャンペーン設定、同梱物の指定などもシステムで制御可能。複雑なポイント会計、クーポン管理、広告代理店ごとの閲覧制御などにも対応する。

利用料金は出荷数にかかわらず、月額固定で4万9,800円から。「ECモールに出店したり、ほかのシステムを使って売上が上がっているなら、それは継続すべきです。ただ、リピート購入される商材をお持ちでしたら、ぜひ『たまごリピートNext』も使ってみていただきたい。われわれのスタッフが、貴社の通販事業の成功を多面的にお手伝いさせていただきます」(青栁氏)。

■お問い合わせ先
テモナ株式会社 事業推進グループ マーケティングチーム
東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナルビル本館9F
03-6635-6452
URL:https://tamago-repeat.com/