enterPAYment

Menu

「DNP国際ブランドデビット 決済サービス」ASP提供開始(大日本印刷)

2019年7月31日19:00

大日本印刷(DNP)は、VisaやMasterCard等の国際ブランドのデビット決済(即時払い)の導入・運用に必要な機能を提供する「DNP国際ブランドデビット 決済サービス」について、2019年7月31日に、インターネット上のアプリケーションとして利用できるASP(Application Service Provider)型での提供を開始した。同ASPサービスは、第一弾として、オリエントコーポレーション(オリコ)に採用され、株式会社トマト銀行の「トマトMastercardデビット」で運用を開始した。

「トマトMastercardデビット」(DNP)

DNPは同ASPサービスを複数の金融機関で利用できるマルチテナント方式で提供し、カード発行会社や地方銀行等は、決済サービスを比較的低コスト・短納期で導入できる。カード発行会社や銀行等は、独自に機能を開発して、サービスを開始する場合と比較して、必要な期間が約半分に短縮できるそうだ。

また、3-Dセキュア、ICカードの製造・発行、口座開設アプリ、カードの即時発行、マルチペイメントサービス、デジタルマーケティングサービスなど、DNPが提供する決済関連の各種ソリューションと連動できる。

なお、費用は、月額固定費用+月額利用金額(使用量に応じた従量課金制)で提供する。

DNPは、キャッシュレスプラットフォーム上の各サービスを機能的に連動させて提供することで、金融機関や小売・流通業などのキャッシュレス化をトータルに支援し、2023年度中に30億円の売上を目指す。

 

大日本印刷株式会社

〒162-8001
東京都新宿区市谷加賀町一丁目1番1号

国内ICカードシェアNo.1を誇る企業として、ICカードの製造・発行にとどまらず、 ASPソリューションとしてICカードに関連する多様なサービスを実現する 「CDMS(Card Data Management Service)」を提供しています。
ICカード・おサイフケータイへの即時発行から、地域通貨やポイントデータ管理、導入コンサルまで、デジタルセキュリティに枠を拡げた総合的なソリューションを提供し、スマートライフの発展に貢献していきます。