enterPAYment

Menu

「dポイント」会員基盤をベースとした企業向けCRMソリューション提供(NTTドコモ)

2019年6月20日18:00

NTTドコモは、「dポイント」の会員基盤をベースとした企業向けのCRMソリューション「ファンコネクトSP(エスピー)」を、2019年6月24日から提供すると発表した。

「ファンコネクトSP」(NTTドコモ)

同ソリューションは、消費財メーカーなどの企業がdポイントクラブ会員向けに、自社製品の継続的なマーケティング活動を行うことができるプラットフォームで、サンプリングや購買キャンペーンの集客、実施、効果検証を一気通貫で支援するという。

利用企業は、約7,000万人のdポイントクラブ会員を対象に、dポイントクラブサイトやdメニュー、メッセージS(スペシャル)などドコモが提供する各種メディアを通して、キャンペーンを告知・開催できる。告知にあたっては、性別・年齢などをはじめ、会員情報により対象者を設定することが可能だ。加えて、キャンペーン参加者の会員情報および応募・利用履歴などのデータを、利用者の同意を得た上でドコモのDMPに蓄積し、個人を特定しない形で分析結果を活用する。

利用者は気になる企業やブランドをdポイントクラブサイト上で「フォロー」することにより、自身に合ったお得な情報を継続的に受け取ることが可能だ。

なお、同ソリューションは博報堂および博報堂プロダクツと共同開発し、提供開始当初は企業へのソリューション提案、販売およびキャンペーンの運用支援を同2社が行う。

同ソリューションを利用する最初の企業として、バスクリンが2019年6月24日から「バスクリン先着2万名dポイントプレゼントキャンペーン」を実施する。

また、同ソリューションではdポイント加盟店との提携により、キャンペーン商品の引き換えや店頭限定のキャンペーンなど、デジタルに加えて実店舗と連携した施策も実施できるよう、パッケージ化して提供する予定だ。