enterPAYment

Menu

「AOYAMA VISA CARD」に女性向けカード「BLUE ROSE CARD」登場(青山キャピタル/三井住友カード)

2018年5月31日19:10

「洋服の青山」を全国に展開する青山商事を親会社に持つ青山キャピタルと、三井住友カードは、「AOYAMA VISA CARD」の新たなラインナップとして、女性向けカード「BLUE ROSE CARD(ブルーローズカード)」の発行を、2018年6月1日に開始すると発表した。年会費は、初年度無料、2年目以降1,250 円(税抜)となる。

「BLUE ROSE CARD」は、全国の「洋服の青山」でレディス商品がいつでも5%オフ、合計金額からさらに5%オフで買い物することが可能だ。「THE SUIT COMPANY」や「UNIVERSAL LANGUAGE」でも、同様の割引が適用される。また、靴修理の「MISTER MINIT」では、ヒールの修理が常時10%オフになったり、人気のカジュアルファッション「AMERICAN EAGLE」などの青山グループ各店でも割引が受けられる。

従来のAOYAMA VISA CARD はデザイン、特典ともに男性顧客をメインとして考えられたものが多かったというが、女性に魅力あるカードを発行することで、青山商事および青山キャピタルは、顧客満足度向上と新規顧客の獲得を目指す。

左から<BLUE ROSE CARD(白)> <BLUE ROSE CARD(青)>。カード名のコンセプトとなった“青いバラ“は作出不可能なバラであり、かつての花言葉は「不可能」だった。しかし、近年バイオテクノロジーの力で“青いバラ“が誕生し、現在の花言葉は、「不可能を可能にする。夢叶う。」となっている。また、青山商事の本社がある広島県福山市はバラの街であることから、すべての働く女性に夢叶うカードを届けたいという思いを込めて“ブルーローズカード”と命名