enterPAYment

Menu

「現金受取サービス」契約合意企業数が100社を突破(セブン・ペイメントサービス)

2018年10月1日7:55

セブン銀行子会社のセブン・ペイメントサービスは、銀行口座を介さずに企業から個人に 宛てた送金をセブン銀行の ATM とセブン‐イレブンのレジで受取ることができる「現金受取サービス」の契約合意企業数が100社を超えたと発表した。

セブン・ペイメントサービスでは、2018 年 5 月から現金受取サービスを開始。用途は、チケットの払戻し、企業内での経費精算や面接時の交通費支払いなど、業務合理化でATMを活用し、サービス契約合意企業数は計101社 に至ったという。

同サービス利用により、個人の利用者は、電子メールなどで企業から送付される番号をセブン銀行ATMに入力するだけで、いつでも現金を受取ることが可能となる。銀行口座を介さないため、企業による利用者の口座情報の収集・管理が不要になる。