enterPAYment

Menu

「平成 30 年北海道胆振東部地震」義援金寄付(クレディセゾン)

2019年1月28日7:30

クレディセゾンは、北海道胆振東部地震により被害にあった人々への支援として、2018年9月7日~10月31日の期間、セゾンカード・UCカード会員より、ポイントプログラム「永久不滅ポイント」を通じて、義援金の受付を実施した。

北海道知事 高橋 はるみ氏(右)、クレディセゾン 営業推進部長 山根 繁太氏(中央)、北海道支社長 冨田 亮氏(左)

セブン CS カードサービス、UCカードグループ各社、りそなカード、大和フィナンシャルのカード会員様のポイントによる寄付を含み、義援金寄付総額は718万1,000円となる。また、寄付先は北海道となる。2019年1月24日に北海道庁において、カード会員から預かった義援金の報告を行い、クレディセゾン 営業推進部長 山根 繁太氏、および北海道支社長 冨田 亮氏より、高橋はるみ知事へ目録を手渡した。

高橋知事より「去年の暮れに、被害にあわれた方々の避難所から仮設住宅への入居が全て完了しました。いただいた義援金を被災地の復旧、復興に役立たせていただきます。カード会員の皆様からのご支援に感謝を申しあげます」とのお言葉をもらったそうだ。