enterPAYment

Menu

「実行計画-2019-」発表(クレジット取引セキュリティ対策協議会)

2019年3月4日19:00

クレジット取引セキュリティ対策協議会は、2019年3月4日に本会議を開催し、「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画-2019-」を取りまとめたと発表した。

実行計画 2019 では、①カード情報の保護対策、②対面取引におけるカードの偽造防止対策(IC 対応)、③非対面取引における不正利用対策について、2018 年度の取組を踏まえ、さらにその取り組みを推進していくための課題の解決策を反映した。

なお、実行計画は、2018年6月1日施行の改正割賦販売法で求められるセキュリティ対策の実務上の指針として位置付けられ、実行計画に掲げる措置またはそれと同等以上の措置を講じている場合には、セキュリティ対策に係る法令上の義務を満たしていると認められるものとなる。

協議会では、実行計画を推進することで、2020年3月末までに不正利用被害額の極小化を目指し、国内のキャッシュレス社会の安全・安心なクレジットカード利用環境の実現が図られるよう、引き続きクレジットカード取引に関係する幅広い事業者と連携しつつ、セキュリティ対策の強化に向けた取組を推進していく方針だ。

なお、クレジット取引セキュリティ対策協議会は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催等に向けて、キャッシュレス決済の普及の前提となるクレジットカードの安全・安心な利用環境の整備を図るため、国際水準のクレジット取引のセキュリティ環境を整備することを目的に、クレジットカード会社のみならず、学識経験者、加盟店、決済代行業者、機器メーカー、国際ブランド会社、セキュリティ事業者、ネットワーク事業者および経済産業省など幅広い関係者によって、2015年3月25日に発足された。

クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画 -2019-
本編 https://www.j-credit.or.jp/security/pdf/plan_2019.pdf
概要 https://www.j-credit.or.jp/security/pdf/overview_2019.pdf
改訂ポイント https://www.j-credit.or.jp/security/pdf/point2019.pdf

「実行計画-2019-」発表(クレジット取引セキュリティ対策協議会)

2019年3月4日19:00

クレジット取引セキュリティ対策協議会は、2019年3月4日に本会議を開催し、「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画-2019-」を取りまとめたと発表した。

実行計画 2019 では、①カード情報の保護対策、②対面取引におけるカードの偽造防止対策(IC 対応)、③非対面取引における不正利用対策について、2018 年度の取組を踏まえ、さらにその取り組みを推進していくための課題の解決策を反映した。

なお、実行計画は、2018年6月1日施行の改正割賦販売法で求められるセキュリティ対策の実務上の指針として位置付けられ、実行計画に掲げる措置またはそれと同等以上の措置を講じている場合には、セキュリティ対策に係る法令上の義務を満たしていると認められるものとなる。

協議会では、実行計画を推進することで、2020年3月末までに不正利用被害額の極小化を目指し、国内のキャッシュレス社会の安全・安心なクレジットカード利用環境の実現が図られるよう、引き続きクレジットカード取引に関係する幅広い事業者と連携しつつ、セキュリティ対策の強化に向けた取組を推進していく方針だ。

なお、クレジット取引セキュリティ対策協議会は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催等に向けて、キャッシュレス決済の普及の前提となるクレジットカードの安全・安心な利用環境の整備を図るため、国際水準のクレジット取引のセキュリティ環境を整備することを目的に、クレジットカード会社のみならず、学識経験者、加盟店、決済代行業者、機器メーカー、国際ブランド会社、セキュリティ事業者、ネットワーク事業者および経済産業省など幅広い関係者によって、2015年3月25日に発足された。

クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画 -2019-
本編 https://www.j-credit.or.jp/security/pdf/plan_2019.pdf
概要 https://www.j-credit.or.jp/security/pdf/overview_2019.pdf
改訂ポイント https://www.j-credit.or.jp/security/pdf/point2019.pdf