enterPAYment

Menu

「メルペイ」をウエルシア、エディオン、ケーズホールディングスで導入(インコム・ジャパン)

2019年6月28日18:38

インコム・ジャパンは、メルペイと提携し、メルペイが運営するフリマアプリ「メルカリ」のスマホ決済サービス「メルペイ」のコード決済について、ウエルシアホールディングス、エディオン、ケーズホールディングスの各社店舗へ導入すると発表した。2019年6月27日にウエルシアホールディングス、6月28日にエディオンとケーズホールディングスで導入した。

「メルペイ」は、非接触決済サービス「iD」での決済に加え、2019年3月にはコード決済にも対応し、全国135万箇所で利用できるスマホ決済サービスとなる。また、2019年4月には「メルペイあと払い」をリリースし、「メルカリ」における過去の利用実績等を元に、商品購入代金を後払いで決済ができる機能の提供も開始した。

なお、インコム・ジャパンは、すでに「WeChat Pay」「LINE Pay」「d払い」「Alipay」「Origami Pay」「PayPay」「auPAY」「りそなウォレット」「楽天ペイ(アプリ決済)」「ゆうちょPay」のQR/バーコード決済とシステム接続しており、国内の大手ドラッグストア・家電量販店など1万6,000店舗超に提供している。

インコム・ジャパンが提供する決済プラットフォームは、決済事業者が異なっても同一のシステム仕様にて決済サービスを提供可能だ。また、電文を管理するためのツール、コールセンターなどを共通で利用できる。そのため、加盟店は複数のモバイルバーコード決済を同時に導入・一括管理・統一オペレーションを実現できるだけでなく、簡単に新しいモバイルバーコード決済を追加することができるそうだ。さらに、インコム・ジャパンは決済サービスを自動的に振り分ける機能を提供しているため、加盟店の店員はペイメント毎にPOSレジで選択することなく、ユーザーが提示したバーコードをPOSレジで読み取るだけで決済が完了する。

インコム・ジャパン株式会社

〒163-0610
東京都新宿区西新宿1-25-1
新宿センタービル41F

米国アトランタに本社を置く世界最大手のPOSAカード流通事業者の日本法人です。POSAカードの特許技術を複数有しており、国内の総取扱店舗数は約65,000店舗、コンビニエンスストアやドラッグストア、家電量販店、スーパー、ディスカウントストア等、いずれも国内屈指の大手小売企業のPOSレジシステムと接続することでPOSA事業を展開しています。2017年1月に、POSA事業の技術とシステム資産を活用し、POSレジでのQR/バーコード決済のアクワイアリング事業に参入しました。今後、更なるラインナップと機能を加盟店に提供していく計画となっており、国内外の多くの決済事業者と調整しております。