enterPAYment

Menu

「カレーハウスCoCo壱番屋」等が「楽天ポイントカード」導入(楽天ペイメント)

2019年6月4日18:40

楽天ペイメントは、壱番屋と、同社が全国で展開する「カレーハウスCoCo壱番屋」などの店舗に、楽天が運営する共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」を導入することについて合意したと発表した。

同合意により、国内の「カレーハウスCoCo壱番屋」や「パスタ・デ・ココ」、「麺屋ここいち」、「にっくい亭」において、「楽天ポイントカード」が利用可能になる。ユーザーにおいては、対象店舗での会計時に、「楽天ポイントカード」もしくは「楽天ポイントカードアプリ」を提示すると、買い物金額に応じて「楽天スーパーポイント」を貯めることができ、支払い時には貯まったポイントを利用することもできる。さらに、貯まったポイントは、「楽天市場」や「楽天トラベル」などの楽天グループの各種サービスで利用できるほか、「楽天ポイントカード」に加盟している街のガソリンスタンド、ドラッグストアなどでも利用可能だ。

なお、壱番屋は、2012年3月から楽天グループの出前・宅配注文サイト「楽天デリバリー」に「カレーハウスCoCo壱番屋」を出店、また2015年5月から順次、テイクアウトサービス「楽天デリバリー テイクアウト」に「カレーハウスCoCo壱番屋」、「パスタ・デ・ココ」を出店している。さらに2016年5月には、楽天グループの電子マネー「楽天Edy」を壱番屋グループに導入している。