enterPAYment

Menu

「ゆうちょPay」をウエルシア、エディオン、ケーズホールディングス、ヤマダ電機へ導入(インコム・ジャパン)

2019年5月8日19:00

インコム・ジャパンは、ゆうちょ銀行と提携し、ゆうちょ銀行のスマホ決済サービス「ゆうちょPay」について、ウエルシアホールディングス、エディオン、ケーズホールディングス、ヤマダ電機の各社店舗へ2019年5月8日から導入すると発表した。

インコム・ジャパンの役割

ゆうちょPayは、ゆうちょ銀行の口座保有者が、ゆうちょ銀行と契約した店舗等での代金の支払い時に、専用のスマートフォンアプリを操作することで、予め登録したゆうちょ銀行口座から代金を即時に引き落とす、クレジットカードの登録や事前チャージ等の必要がない、銀行口座直結型のサービスとなる。

インコム・ジャパンは、すでに「WeChat Pay」「LINE Pay」「d払い」「Alipay」「Origami Pay」「PayPay」「auPAY」「りそなウォレット」「楽天ペイ(アプリ決済)」のQR/バーコード決済とシステム接続しており、国内の大手ドラッグストア・家電量販店など1万4,000店舗超に提供している。

インコム・ジャパンの提供するQR/バーコードアクワイアリングサービスでは、全店舗のPOSでの一括対応で決済サービスを導入する。各決済サービス事業者のシステム仕様の相違点を吸収し、加盟店には同一の仕様で提供できるため、POSレジの初期開発が軽減できる。また、継続的に機能拡張を行っており、サービス拡張時の追加開発も最小化できるという。

また、POS対応で決済サービスを導入するため、すべての決済手段が全店全POSで同一オペレーションになる。さらに、自動振り分け機能でPOS側でのペイメントごとの決済サービス選択も不要なため、店舗スタッフのオペレーション負荷の軽減につながるそうだ。

また、キャンペーン対応など、システム接続以外のサポートを実施。決済サービス事業者との窓口になり、各種調整を行うだけでなく、POPなどの販促物作成や物流支援などにも対応する。

そのほか、導入時に発生する「契約」「精算」「電文管理」「問い合わせ対応」の業務に関しても窓口となり、一括対応。幅広い加盟店サポートで、運用・管理面の効率化が可能だ。

インコム・ジャパン株式会社

〒163-0610
東京都新宿区西新宿1-25-1
新宿センタービル41F

米国アトランタに本社を置く世界最大手のPOSAカード流通事業者の日本法人です。POSAカードの特許技術を複数有しており、国内の総取扱店舗数は約65,000店舗、コンビニエンスストアやドラッグストア、家電量販店、スーパー、ディスカウントストア等、いずれも国内屈指の大手小売企業のPOSレジシステムと接続することでPOSA事業を展開しています。2017年1月に、POSA事業の技術とシステム資産を活用し、POSレジでのQR/バーコード決済のアクワイアリング事業に参入しました。今後、更なるラインナップと機能を加盟店に提供していく計画となっており、国内外の多くの決済サービス事業者と調整しております。